肉なしライフ

書き物のご依頼はimakitakonアットマークgmail.com

映画脚本100のダメ出し

「映画脚本100のダメ出し」の覚書

 

・熱くなれる題材を選んでいない

・アイデアにオリジナリティがない

「知っていることをかけ」とは「キミの心を激しくかき乱すものを、作品に生かせ」という意味。

・主人公の選択を誤った

①主人公はアクティブに

②主人公は明確な問題に直面している

③主人公の問題は、観客にとって興味深い

④主人公は自力で問題解決する

・主人公の作りが浅い

①人物は誰?

②葛藤はある?

③人物の特徴は?

④ディティールをきめる

・脇役に個性がない

・ストーリーを考えながら構成を心配していた

構成の心配はあとでいい

・テンションが足りない

・読んでも感情が刺激されない

・構成がまずい

・一行アウトラインを何度も叩いていない

・BストーリーがAストーリーに絡んでいない

・サプライズをぎりぎりまでかくしていない

・シーンをしっかり叩いていない

①ストーリーを進展させるべし

②ドラマ的なテンションを高めるべし

③人物について何かを伝えるべし

④アクションではじめろ

⑤好奇心を煽れ

⑥シーンはできるだけ短く

⑦始まりを遅らせ、終わりを早める。

シーンの最初と最後をチェックし、できればカット

⑧ストーリーに支障がなければシーンごと削除

⑨セリフを削れ。少ないほどベター

⑩葛藤、対立関係をいれる

⑪意外だが納得がいく展開にする

⑫人物一人ひとりの違いをはっきり

・もっとコンフリクトを強く

・リピートで対比の威力をいかしていない

・セリフをかき分けてない

・映画脚本を読んでいない

・道具の選び方がまずい

・主人公に2行くらいの特徴描写がない

・わかりきったことを繰り返すな!

ガラス張りの窓、とか。窓はガラスばりにきまってる

・全体を一気にリライトした

ディティールを細かくリライトしていくのがよい

・最初のページがだめ

半ページで、書き手の実力はわかる

・最初の10ページがだめ

10ページに書くべきこと

①セットアップはいらない

②すでに走り出しているストーリーではじめよう

③主人公が住む世界を見せる

④主人公をとうじょうさせる

⑤ジャンルがわかるように書く

⑥中心となる葛藤やテーマを伝える

・最初の20ページを捨てていない

よく犯すミスは、バックストーリーを1幕にいれてしまうこと。

気を付ける。

最初の20ページをカットして、

あとからバックストーリーをみせるほうがいい

・初稿が完璧だと思っている

①だらだらとした導入部分を削除したか

②エンディングに感情とパワーがあるか

③人間の行動に説得力があるか

④人物が抱える問題に関心が持てるか

⑤人物が抱えるリスクは高いか

⑥すべてのト書きは簡潔か

⑦本当にいい脚本だという確信があるか

⑧毎シーン、人物をもっと描写できないか

⑨よりおもしろく印象深いシーンにするにはどうしたらいい?

・声に出して読んでいない

 

 

「“書けば人生が変わるだろう”と言える脚本を書きなさい

売れる保証はない。だが、少なくとも、あなたの人生は変わる」

ジョン・トゥルービー

 

ドラマのシーンの書き方

人気海外ドラマの法則21の覚書

・基本の性格描写をした後、困難に対峙させ、一歩踏み込んだ描写をする。

・主な人物たちの人間関係の描写をし、悩み、試練を与える。

・シーンの中で、出来事や疑問を示しつつプロットを進める。

・エンターテイメント性やサプライズがある。

・構成がきちんとしている。はじめと終わりがしっかりしていて、中間が山あり谷あり。

 

 

 

 

創作テレビドラマ大賞 公開講座

創作テレビドラマ大賞 公開講座の覚書

2500円もした。

高い!

 

ぎりぎりの時間に行ったらすでに人がいっぱいだったので、端の方に座った。

200人以上きていた模様。

 

登壇していた方

脚本家の古沢良太さん(リーガルハイ、デート、ALWAYS三丁目の夕日)がくる、ということは知っていたが、

他にも西田征史さんや、金子ありささん(電車男ヘルタースケルター)がいらっしっていた。

西田さんは存じ上げなかったけど、「小野寺の弟・小野寺の姉」の原作・脚本を書かれたらしい。

小野寺の弟、とてもいい映画だったのでテンションがあがった。

 

去年大賞を受賞された方もいらしていた、佐々木由美さんと言う方。

はきはきと話される美人だった。

 

脚本を賞に応募するうえで気を付けること・心がけること

・テーマ・メッセージ性・主張を入れる。

・キャラをはっきりさせる。全キャラ。無駄な人はださない

・製作者のイマジネーションを刺激するかきかたをする→ト書きを書きすぎない

・楽しんでかく

・セリフは声に出して読むこと

・キャラの履歴をつくる。言葉遣いや人との距離感など(これは作らない脚本家もいる)

・主役がかきこめてないことが多いから注意

・自分にしか書けないことをかけ

・最初の10ページが面白くないと、それで終わり

・大事なのはキャラだが、ストーリーも一言で説明できるものを

NHKだからという意識はいらない。むしろ従来のNHK風味に風穴をあける意識で

・自分の気持ちの機微を大切にして日々ネタをさがせ

・上手にパクろう

・セリフは感情のやりとり

・逆、つねに逆を意識。たとえば「こんな服絶対に着ないわよ!」→次の場面で着ている、とか

 

感じたこと

脚本家のみなさんとてもしっかりしていて仕事がデキる人たち、という感じだった。情熱も感じた。

新しい情報を得られたというわけではないけど、プロの人たちの話を直接聞けて、モチベが上がった。

 

あと、やっぱりセリフは口に出さないとだめなのか…と思った。

次から絶対口に出して読もう。

 

今までわかってはいたけれど、横着して読んでなかったのを反省しました。

 

締め切りは6月末だからあと一か月半。

いつもより丁寧に書く。

草間彌生ちゃん

水玉の女王

今週の火曜、やよいちゃんの展覧会に行った、

ら、火曜は新国立美術館の休館日だということでしまってた。

 

やよいめ。

 

あの水玉、すごい芸術や!と思ったことが一度もない。

でもなぜか見たくなる。

 

落ち着く水玉だ。

やよいちゃんも落ち着くから書いているんじゃないのかなあ、しらんけど。

上京女子って

地方から東京へ

地方から東京へ来ることを上京っていう。

私のまわりには上京してきた女子たちががたくさんいる。

 

なんで上京してきたの?

 

その答えはさまざま。

 

上京女子たちのそれぞれ、を記事にしました。

mess-y.com